最新情報・レポート

農機具も中古の需要が高騰中!新品と中古を比較

農機具

近年農業に興味を持つ若者も増加傾向にあり、ますます安く手に入る中古農機具の需要が高まっています。買い手が高齢者でない場合、使用する年数も長くなるでしょう。

余裕があれば新品を購入する方がアフターサービスやメーカーの保証などメリットもありますが、「中古がいい」の農機具のメリットはそれだけではありません。

そこで今回は、中古の農機具について詳しく解説していきます。

中古を欲しがる買い手の気持ちを知ると、ご自身の手放す農機具に需要があるのかどうかイメージしやすくなると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


やっぱり新品農機具は高い!

自動者販売店に比べて販売店も少なく、販売店でもおしゃれにディスプレイされているわけでもありません。広告も自動車に比べて少ないので、どのぐらい価格が相場なのか明確に理解できている方も少ないでしょう。

まずは、農機具の価格相場についてしっかり確認していきましょう。

【必要な農機具とその相場】


トラクター
稲刈りをした秋から手入れをしていなかった荒れた田んぼの土を耕すために必要です。硬い地面を掘り起こして田植えをしやすい土にします。

トラクター販売価格相場は、250万円ほどと言われています。

しかし高額なものでは、1000万円近くの価格で販売されることもありますので、明確な相場とは言えません。一方で、トラクターの買取価格はサイズや状態にもよりますが、20万~100万ほどとなっていることもあります。

トラクターには、専用の作業機械を付けることでさまざまな作業を行えるので需要のある農機具と言えます。

そのため、買取価格も高くなっています。アタッチメントやパーツの相場は数千円から2万ほどですので、需要のあるメインの農機具であるトラクターやコンバインと一緒に買い取ってもらった方が高く売れる傾向があります。

田植機
昔は、手で田植えをしていましたが、農業の高齢化でそのような風景もあまり見られなくなりました。今では、田植え機を使用している方が多いです。田植え機は、植え付け爪に苗を挟み、土の中に植えていく機械です。

前進するにつれて後ろに付けた植え付けアームが動き、均一に田植えができるのです。最近では、肥料も田植えと同時に苗の脇に置ける側条施肥機構のついたものも出てきています。相場は150万ほどです。一方で、買取価格は数万円~30万までと様々です。使用年数や状態によって変わってきます。

コンバイン
昔は、手で稲を刈っていましたが高齢化や稲刈りをしてから籾を取る必要があり重労働だということが理由で、コンバインを使用している方が多くなりました。米を収穫する際に使用します。稲を刈り取り脱穀までしてしまう素晴らしい機械です。

まだこの時点では、籾付きの米が出てきます。田んぼの規模によって8馬力の2条刈から120馬力など豊富な種類がそろっています。稲作をするのに一番高額な農機具と言われています。

コンバイン販売価格は100万~900万円まであり、相場は300万円ほどとされています。ただし、性能によって価格は変動します。

一方、買取価格の相場は10万~150万円であり、米の収穫と脱穀が一度にできるので、米農家には必需品の機械です。

乾燥機
収穫した籾は、乾燥させた後に、籾すり、選別を経て玄米になります。乾燥機には2種類あり、遠赤外線を用いたタイプと熱風を利用して乾燥させるタイプがあります。性能や一度に乾燥させる量によって価格は変わりますが、70万~80万円ほどとなっています。

運搬機
コンバインで刈り取った籾の袋の運搬に使用します。軽トラックなど車でも可能ですが、手押し車のようなものであり、簡単に押して運搬できます。詰める量やサイズによっても変わりますが、20万円~100万以上と幅広いです。

農家の方であれば、軽トラックを持っている方もいるかと思うので、そういったことを考慮すると、少し需要が低いかもしれません。

新品と中古、メリット&デメリットを比較してみよう

農機具2

農機具を購入する際に、新品と中古どちらがよいのか?比較してみて、自分にあった方を選びましょう。

【新品メリット】

  • ・故障リスクが少なくメーカー保証もついてくるので、安心して使用できる
  • ・最新機能なので使い勝手がよく効率が上がる
  • ・購入店にてアフターサービスを活用できるので、もし故障してもすぐ対応してもらえる
  • ・新品というステータスにもなり、自分自身のやる気が出る
  • ・値引きしてもらえたり、農業組合に入っていることで得点がある場合もある

  • 【新品デメリット】

  • ・エンジンスペックは長年大きく進歩していないので、新型も旧型も大きく差がない
  • ・実際に買ってみて、使い勝手が悪く短期間で手放すことになった場合コストパフォーマンスが悪くなる
  • ・新品のものも、実際使用していけば綺麗な状態のまま保ってるという訳にはいかず、傷やサビが付くこともある

  • 農業の経験がない人ほど、初めにどんな農機具が必要なのかが把握できていないために性能の良すぎるものを購入してしまい使用しにくい場合もあるので、まずは中古から始めるのがおすすめです。

    【中古メリット】

  • ・新品に比べてリサイクルショップやネットなどで安価に購入できる
  • ・使用頻度年中使用するものではないので、中古でもまだまだ使用できる器具が多い
  • ・構造が単純でメンテナンスが楽な種類が多いので、故障して使用できなくなる場面が少ない
  • ・人気モデルも安く購入できる場合もある
  • ・エンジンスペックや最低限の機能性は型落ちでも、新型とあまり遜色なしに使用できる

  • 【中古デメリット】

  • ・古い機種ほど価格は安く購入できるが、故障や不具合のリスクが大きい
  • ・オプションの部品が少ない
  • ・中古農機具販売店は限られているので、遠方にて中古を購入すると輸送費が高くつく場合がある。

  • 車の中古車のように、しっかり確認して販売していない場合もあり、整備が行き届いてないこともあるため、購入店舗がしっかり点検しているかを確認する必要があります。

    新品か中古か迷った際に注目すべき点は?

    コンバイン

    農業を初めて行う場合、どれぐらいの頻度で作業し、農機具を稼働させるのかを考えてから購入する必要があります。また、農機具を使用したことのない素人の方が使用する場合は、なるべくメンテナンスがしやすいものを選びましょう。

    中古を購入して、何度も修理に出すなんでことがあれば、修理費用が勿体ないですし、使用頻度もそれほど高くないのであれば、新品で購入しても無駄になりがちです。

    農機具を購入することをお考えの方は、使用頻度や用途を考え、最適な価格で購入することが大切です。

    もしご自宅に放置されている農機具があるのであれば、買取査定に出してみてはいかがでしょうか。中古の農機具は、故障のリスクは多少あるものの、重要は高く求めている方も多いはずです。型落ちや長年使用せずに眠っている農機具があれば、もしかすると高値で売却できる可能性もあります。

    まとめ

    いかがでしたか?今回は、農機具の価格相場を中心にご紹介しました。新品と中古でそれぞれメリットとデメリットがあります。そのことを十分に参考にしていただいて、自分にはどちらが良いのかを選んでいただければと思います。

    年数が経った農機具や、使わなくなった農機具も十分需要があるかもしれません。そのようなときは、買取に出すことをおすすめします。多くの業者の見積りを得るためには、当サイトの一括査定サービスを利用し、複数業者の見積りを比べることが大切です。
    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介

    CM

    サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

    0120-949-214

    24時間365日 日本全国受付中!

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら

    ご相談窓口

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    農機具買取査定君の使い方

    • ご利用の流れ
    • よくあるご質問
    • お客様の声
    • 最新情報・レポート
    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

    30秒で完了 無料 クイック査定