最新情報・レポート

農機具を高く売るためのコツ教えます!買い取り相場・時期・業者選び

農機具を高く売るためのコツ教えます!買い取り相場・時期・業者選び

農機具は不要になってしまうと置き場所にも困りますし、できる限り早くどうにかしたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。そして、売却をするとなればほとんどの方が高額での買い取りを望むでしょう。

この記事は、使用しなくなった農機具の売却をお考えの方のお悩みを解決する内容になります。

農機具の買い取り査定前にしておくべきことや高価買取に適した時期、買取業者を選ぶコツについて紹介していきます。農機具を高く売るために知っておくとよい情報となりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

農機具の買い取り相場は意外と高い?

農機具は、自動車と比べると古いものでも意外と高額で売却できる可能性があります。その理由は、農機具は非常に丈夫な作りになっているため、買い取りの相場が高い傾向があるからです。

また、故障していてもパーツ交換をおこなえば使用できるため需要が高いといわれています。ここでは、トラクター、コンバイン、田植え機の買い取り相場を確認していきます。

トラクターの買い取り相場

トラクターの買い取り相場は2~40万円程度です。中には100万円を超える買取値がつく場合もあるなど、トラクターはメーカーによっても価格が大きく変わってきます。

コンバインの買い取り相場

コンバインの買い取り相場は、30万円程度です。コンバインは、稲などを収穫するための機械となります。それに加え、脱穀までできてしまうため、9~10月の稲刈りの時期になると需要が高まります。

田植え機の買い取り相場

田植え機の買い取り相場は、10万円程度です。4~6月の田植え作業をする時期に需要が高まります。なぜなら、一本一本手作業で苗を植えるよりも断然効率がよいからです。

農機具を高く売るのによい時期とは?

農機具を高く売るのによい時期とは?

農機具を高額で買い取ってもらえるのには、適した時期があります。その時期に売却をすれば、通常よりも高値で売り払うことも可能です。ここでは、“農機具の需要”について見ていきましょう。

売りたいと思ったら一刻も早く!

農機具を売りたいと思ったら、そのタイミングで売ってしまえば商品価値が高い状態で売却ができます。なぜなら、農機具には製造年月日というものがあり、年月が経っていくごとに価値が下がっていってしまうからです。

そのため、「農機具を売りたい!」と思った時点で売却をした方が高く売るのに適しているといえるのです。

まだ使えるうちに売る

故障している農機具も、パーツ交換が可能であれば使用できるため買い取ってもらえますが、問題なく使用できるに越したことはありません。行き届いたメンテナンスでスムーズに使用できるもののほうが高額で買い取ってもらえるのです。

農機具の需要が高まる時期

農機具の種類にもよりますが、その農機具ごとに売却に適した時期があります。たとえば、トラクターは年中活用されるものですが、コンバインの場合は稲を刈る時期(9~10月)に需要が高まります。そして田植え機の場合も、田植えをする時期(4~6月)に需要が高まるのです。

新型モデルが出る前

新型モデルが発売されると、売却したい農機具の商品価値が下がってしまいます。春ごろには新型モデルが登場し、高価買取が見込めなくなってしまいます。農機具を高く売ろうとお考えの方は、ぜひメーカーから出る情報を定期的に確認し、新型モデルの発表がされる前に売却しましょう。

高く売れる状態にしておこう!

自宅に眠っている農機具を高値で売りたい場合には、事前に3つの準備をしておくとよいでしょう。この3つの方法を実践することにより、高く売れる状態に近づくでしょう。

定期的にエンジンをかける

まず、売りたい農機具がある場合には、定期的にエンジンを稼働させるようにしましょう。そうすることにより、放置していた期間が長く、エンジンがかからないなどといったトラブルを防ぐことが可能です。1カ月~3カ月に1回はエンジンを稼働させるようにしましょう。

車体を掃除しておく

車体をきれいに掃除しておくことにより、状態をよくみせることが可能です。また、機具に付着した汚れがトラブルの引き金となり故障の原因にもなりかねません。細かい部分までお手入れされた農機具を売りに出すようにしましょう。

屋内に置く

屋外に置いてしまうとどうしても雨風にさらされてしまい、サビつく原因になり機具が傷んできてしまいます。そのため、できる限り屋内に置いておくことで劣化を最小限に防ぐことができるでしょう。また、屋内に置くことで燃料タンクに雨水などが入り込まないというのもメリットの1つといえます。

買取業者を選ぶコツ

買取業者を選ぶコツ

条件に適した買取業者を選ぶことによって満足のいく結果が得られます。ここからは、査定前に確認しておくこと、また見積りについてご紹介していきます。

査定前にチェックすること

農機具の査定前には、6つのチェック項目を確認しておきましょう。

  • 買取地域
  • 買取実績
  • 査定金額
  • 買い取ってもらう農機具の種類
  • 古い農機具の買い取り
  • 故障した農機具の買い取り

せっかく売却する業者が決まっても、買い取りに応じた地域でなければ意味がありません。買い取りに応じた地域であるか、また出張費用などが必要であるのかなどを確認しましょう。

また、業者によっては古い農機具や故障していても買い取ってくれる場合があります。事前に業者のホームページなどで確認するようにしましょう。ホームページなどを閲覧することにより、実績や査定金額を事前に確認できる材料にもなります。

少なくとも3社を比較しよう!

「農機具をできる限り高額で売却したい!」そう思ったら、最低3社で見積りをとりましょう。そうすることにより、業者による査定額を比較しどの業者が一番高価な買い取りをおこなってくれるかの判断材料となるからです。

ネットで一括見積りが早い!

業者によっては、ホームページなどで複数社の一括見積りをとれる場合があります。そのような便利なサイトを駆使すれば、一度に複数社の査定結果を知ることができますので満足のいく価格で買い取ってもらうのも望めます。

弊社が運営するサイトでは、農機具の高額見積りが可能です。さらに、一括で最大5社の見積りがとれるので、大変便利なサービスとなっております。入力する内容は30秒ほどで終わる簡単な内容となっておりますので、お忙しい方でも手が空いたときにご利用いただけます。

まとめ

農機具を高く売るには、売却に適した時期や、高く売れる状態にする必要があることがわかりました。日ごろからお手入れをしてあげることによって高く売却をすることが可能ですので、売却前には細かいところまでメンテナンスをしてあげましょう。

また、農機具を高く売るには複数の業者で見積りをとり、それぞれどの業者が自分の理想に合った条件で買い取ってくれるのかを比較すると満足のいく結果となるでしょう。

業者のホームページなどを活用して、一括見積りをおこなうと結果が早く知ることができるので、「急いで売却したい!」そんな方にもおすすめです。

弊社の「農機具買取査定君」では、お客様に簡単な情報を入力していただけましたら、最大で5社の見積りを一括で比較することができます。農機具をより高く売りたいとお考えの方はぜひご活用ください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する