最新情報・レポート

トラクターを長持ちさせる秘訣

近年、健康志向の人が増えてきており、スーパーで見かける野菜に「生産者の声」等と野菜を作った人の名前や顔写真が載る様になりました。農薬を一切使用していない無農薬野菜も大変人気です。中には自分で野菜を育てたいと畑を借りたり、農家の手伝いをしに行ったりする若者も増えてきており、農業に感心が集まる時代になってきました。農業に欠かせないのは、農機具のトラクターの存在です。トラクターとは畑や田んぼを耕す機械の事です。「耕運機」とも呼ばれ、耕運して土の中に空気を入れて雑草等を山状に巻き込んで耕していきます。トラクターは使用する程愛着が湧いてきます。出来るなら壊れるまでずっと同じトラクターを愛用したいと言う方も多いと思います。大切なトラクターを長持ちさせる為にはどうしたら良いでしょうか。秘訣をお話ししていきましょう。
トラクターを始めとする農機具は、様々な部品を組み合わせて出来ています。それらの組み合わさった部品には、締結部等様々な機能があり、それぞれが役割を持っています。その部品が組み合わさった物に油や水、ガス等の液体や潤滑剤が合わさって機械全体が成り立っています。それぞれの部品が劣化すると、機能が落ちたり、機能が果たせなくなったりすると言う事です。
そうならない為に、トラクター等の農機具を購入して納車した日に、車体のボディの表面全てと、外せるパネルは外して裏側まで素材別ワックス剤でコーティングする事をお薦めします。そうする事で汚れを軽減出来ますし、もし汚れた場合は出来る限りすぐに取る事で、部品の劣化を抑えてくれます。日頃の汚れ落としには、空気圧を使う事をお薦めします。コンプレッサーがあれば、部品を傷付ける事なく空気圧で汚れを吹き飛ばしてくれます。
この様に手入れをして、使用していたとしても諸事情により大切なトラクターを手放さなければならない時もあるでしょう。そんな時には、トラクター買取業者に査定の依頼をしてみましょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

CM

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-214

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

農機具買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

30秒で完了 無料 クイック査定