最新情報・レポート

トラクターの歴史

今も現役で農業を続けている方も、廃業してトラクターを買取してもらった方も、農作業の際はトラクターのお世話になってきたのだと思います。そんな農業には必須のトラクターの歴史の始まりは、19世紀のイギリスにまでさかのぼります。当時は蒸気機関が発達し始め、据え置き型蒸気エンジンも市民に販売されていましたが、その蒸気エンジンに減速機と車輪を装着して生まれた蒸気式トラクターがトラクターの元祖と言われています。外見は大きなドラム缶のような蒸気エンジンに幅が太い自転車の車輪に似たタイヤを装着したものでした。誕生したばかりの蒸気式トラクターはとても不安定で、ボイラーの爆発や車輪の事故による被害が考えられた為、安全に使えるものではありませんでした。18世紀後半になると、ガソリンエンジンを備えたトラクターがアメリカで誕生し、そしてイギリスでもガソリンを動力とするトラクターが開発されました。1910年頃にようやくガソリン式トラクターがアメリカ・イギリスを中心に世の中に広まっていき、文明の発達と共にトラクターの高性能化が進んでいきました。日本においても、20世紀初頭にトラクターが導入されました。日本では長らく歩行型耕運機が一般的に利用されてきたのでトラクターは長らく普及しませんでしたが、第二次世界大戦後、徐々に普及が進み、現在の日本の農作業に必要とされる農機具となったのです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する