最新情報・レポート

農機具買取査定時のポイント

農機具は、農家の方にとっては、長年共にするため非常に大切な存在です。しかし、理由は様々ですが農機具が家庭に必要でなくなってしまう時が来る事もあると思います。そういった時には、買取業者などに連絡をされる方、ネットオークションに出品する方、色々な方法を取る方がいらっしゃいます。その際に、大切に使ってきた農機具を出来るだけ高く買い取りをして欲しいですよね。ではどういった状態の農機具であれば高く買い取りをしてもらえるのでしょうか。そのポイントは、農機具の状態にあります。農機具が必要なくなってしまうとエンジンさえつけなくなってしまう方が多く、それが買取査定の価格が下がる事に繋がるのです。キャブ内に燃料が無い、水や水垢が溜まるといった原因によりエンジンが回らなくなってしまうという事が多数あります。その状態では、やはり買取価格は高くありません。こういった事を防ぐためには、最低でも3か月に1回1分程度はエンジンを回し、不調を防ぐ事が大切です。買取査定時に始動性が悪いと値切りの対象となってしまいますので落としたくないポイントですね。また、屋外に置いておくと燃料タンクに水分が入ってしまいやすいので、屋内での保管を推奨します。大切な農機具は、使わなくなっても大切に扱いましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する