最新情報・レポート

農機具を倉庫にしまう時には

農機具もシーズンが終わると使わなくなってしまいます。また次に使うシーズンまで倉庫などで待機するかと思いますが、その前にどういったことをやっておくと良いのでしょうか。収納に失敗してしまうと錆などが発生し、農機具の買取をしてもらう際にマイナス評価となってしまいます。より高値で農機具の買取をしてもらうためにも日頃から農機具は丁寧に使ってあげないといけません。まず、倉庫にしまう前には洗車をしてあげます。タイヤなどについた泥や草などを丁寧に取ってあげて、ホースなどの放水で汚れを洗い落としてあげます。この時にエンジンに水をかけないように注意しましょう。保管場所は屋根とシャッターのある倉庫がオススメです。野ざらし、またはブルーシートだけですとどちらも錆が発生してしまいます。またガソリンは抜いておきましょう。ガソリンを入れたままで保管をしてしまうとガソリンが不純物になってしまい、詰まってしまうのです。こうなるとエンジントラブルの原因になりますし、エンジンに錆が出てしまいます。しっかりと燃料を抜いておきましょう。水を使う農機具の場合は、冬を越す時に凍結を起こして破損する危険性があります。この点ももちろん農機具の買取の時に悪い評価となってしまいますので注意しましょう。バッテリーを長持ちさせたいのでしたら、バッテリーを取り外して風通しが良くて日が当たらない場所に保管しておくことがオススメです。こうした点に気をつけておくとまた次のシーズンでも快適に農機具が使えますし、農機具の買取の際にも高評価が期待できます。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する