最新情報・レポート

中古のコンバインも需要があるようです

日本では主食として広く米が食べられているので、稲作がかなり盛んに行われているといえます。米どころとして有名な新潟県はもちろん、愛知県なども米の生産量の多い地域として有名です。
これらの地域では、大規模な水田も多いため、昔ながらのイメージの、手に鎌を持って稲刈りをしていくという方法では中々収穫量も上がりません。そこで開発されたのがコンバインなのです。
コンバインは稲を刈り取って、脱穀、藁の処理まで一括して行なうことが出来るという、今までバインダーや脱穀機と別々に用意されていたものを1台に集約しているものです。
ただし、サイズが大きくなればなるほど、そして高機能なものほど新規購入価格は高くなりがちで、水田の規模によってはそれほどの能力がなくても良いから多少安いものを購入したいと考える向きもあるようです。
そこで出番なのが、もう使わなくなって倉庫に眠るコンバインです。
廃業された米農家の方などで、倉庫に置きっぱなしになっているコンバインがありましたら、多少古くても、当サイトから一括査定をしてみませんか?
意外な高値で売却できる場合もありますので、一度お試しください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する