最新情報・レポート

国内の需要が小さくても

少子高齢化が叫ばれて久しい日本ですが、その流れは農業の世界でも進んできています。今からおよそ20年前には、農業従事者で最も多い割合を占めているのは55~65歳の年代でした。しかし若い人が減り、高齢者が増えるという流れが進んでいます。そして現在では、75歳以上の人の比率が大きいという状況になっています。今の日本では、農業従事者の少子高齢化と戸数の減少が顕著なのです。
そのため農機具の出荷数も減少しており、農機具の買取を依頼するのにも厳しい現状になりつつあります。しかし、そのような状況の中で一つの活路が見出されています。それは、海外への出荷です。国内への出荷数は減少傾向にありますが、海外への出荷数は徐々に上がってきています。とある調査によりますと、平成23年における国内出荷額は、その20年前の6割にまで減少しています。しかし輸出額は、約1.4倍に増加しています。
日本の農機具は高品質のため、多少古くなっていたり壊れていたりしても海外で需要があるというケースは珍しくありません。農機具買取を行っている業者には、海外へのルートを確保していることもあります。そのような業者を見つけることができれば、スムーズかつ高額で農機具を売却する事も夢ではありません。当サイトは複数業者へ一括査定を依頼する事ができますので、ぴったりの業者を見つけるのに役立つ事でしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する