最新情報・レポート

農機具を売却するなら

農家の方は、世にたくさんいらっしゃいますが、その中で高齢などを理由に農業をやめてしまう人もいます。トラクターなどの農機具を、そのままにしている人も多く、オブジェと化している場合があります。また、まだ使うかもしれないとそのまま保持している人もいますが、本当に必要かどうか考えたほうが良いかもしれません。農機具の売却には、状態が深く影響します。ただでさえ使用場所が限られており、使用にあたってサビや傷がつきものですから、そこに経年劣化が加わると大幅に価値が下がってしまう恐れがあります。ですから、農業からの撤退をお考えの時点で、農機具の売却も視野に入れておくと良いでしょう。手っ取り早いのがトラクターなどの農機具を買取している業者に相談することです。ちゃんとした業者であれば、不安なことや疑問点などを丁寧に答えてくれるので、相談するだけでも十分に価値があります。また、相場の把握も重要で、一つの業者だけではなく、幾つかの業者に査定してもらい、おおよその売却価格を掴んでおきましょう。ここで、注意が必要なのですが、査定の見積書をよく読まないで決めてしまうと、後から◯◯費用という形で請求されてしまうことがあります。どのような査定内容になっているかを確認し、抜けている項目などがあればきちんと聞いておくと良いでしょう。長年連れ添った農機具を手放すのは少し心苦しいかもしれませんが、次世代への架け橋と思って思い切って売却してしまいましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する