最新情報・レポート

メンテナンスで寿命も査定額もアップ!?

春から秋にかけては多くの農家において、仕事の最盛期。トラクターの使用機会も自ずと増えてきます。農作業は自然とともにある営み。泥はねによる汚れや、内部の部品摩擦などトラクターにもダメージがたまっていきます。そんなトラクター、定期的にメンテナンスはしてあげていますか?もししていないようでしたら、すぐにメンテナンスをしてあげましょう。
まず、トラクター使用後は水洗いをし、その後に乾拭きをします。また、タイヤの空気圧もチェックし、保管するときにはロータリーは降ろしておきましょう。また、定期メンテナンスのなかでも重要なのが潤滑油の塗布です。部品の摩擦やサビはトラクター故障の大きな原因。50時間使用したら(使用頻度が少ない場合は1年ごとに)、部品に潤滑油を塗り、サビ止めや回転部の摩擦防止をしていきましょう。その他にもエンジンオイルや冷却水の確認や交換、ラジエータの清掃など、細かなところの手入れを欠かさないことで、トラクターを長く使うことができます。
また、トラクターを売却する際にも、定期メンテナンスの影響は大。トラクター買取業者は、いくつものトラクターを見てきていますので、そのような日頃の扱いをしっかりと見抜くようです。メンテナンスを怠らずに大事に扱っていけば、査定額にも良い影響を与えるかもしれません。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する