最新情報・レポート

農機の歴史

機械が利用されるようになったのは明治時代から大正時代頃で、
米作に使う農機が利用されるようになりました。
この時期から家畜の力を借りて動く農機や、人が動かす農機など
欧米から取り入れた農業機械が普及されるようになっていました。
この時の農機が海外の文化の発達とともに、戦後の日本で改良され続けながら、
どんどん機械化され今の形になりました。

長い歴史を経て、今の形になった農機は、更に改良を加えられ、
体格の小さな女性や高齢者の方でも利用できるように開発・研究をされています。

近年では全国の農家が農機・農機具を利用しており、多くの農作業に役立っています。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する