最新情報・レポート

田植機について

田植機は日本を始めとして、稲作が盛んな東アジア、東南アジアでよく使われている農業機械です。
その名の通り、水田に稲の苗を植える際に使われるもので、歩行型や常用型など、能力によって様々な大きさがあります。
人力で田植えを行うのは大変な苦労がありましたが、田植機の開発により、日本の稲作は一気に効率化されました。特に、広大な水田地帯が広がる場所では、田植機により一気に田植えを行い、更に収穫もコンバインを使うことで、省力化と米の収穫量の増加の一助となっています。

日本国内で有名な田植機のメーカーはヤンマー、クボタ、イセキ、ホクエツ、三菱農機、熊谷農機、みのる産業の7社が挙げられます。

ヤンマー、クボタ、イセキはトラクターやコンバインなど様々な農業機械でも有名なメーカーで、特にヤンマーとクボタについては世界中で人気上位のブランドとなります。

三菱農機はその名の通り、三菱重工業系列の企業です。信頼性の高い農業機械が人気で、JAが直接販売窓口を務めることが多いので、多くの農家で使用されています。

ホクエツ、熊谷農機、みのる農機は比較的新しいメーカーで、小型農機を中心に取り扱っています。田植機についても、狭い農地でも使用しやすいものが多いようです。

これらのメーカーの田植機であれば、信頼性も抜群、中古でも大変人気がありますので、ご不要になられました田植機がある場合は、ぜひ、当サイトの一括査定サービスをご利用いただき、売却されることをお勧めします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する