最新情報・レポート

精米機の買取は可能なの?機能と使用の注意点まで詳しく解説します!

精米機の高額買取をめざせる方法|機能の違いやメンテナンスについて

 

「精米機を買取してもらいたい……」、そう考えている人は、少なからずいるのではないでしょうか?脱穀した稲をもみすりして、精米をする工程は、日本人の心のふるさと“お米”を美味しくいただくために絶対必要。しかし、精米機にも役目を終えるときは訪れます。

 

業務用の精米機を買取してもらうときは、せっかくなら高く買い取ってもらいたいところですよね。今回のコラムでは、なかなか情報を得ることができない精米機の買取について、精米機の機能に触れながら解説していきます。ぜひとも参考にしてみてください。

 

 

味を大きく左右する!精米機器の機能【4種】

日本人のソウルフードでもある“お米”。何があっても食卓には欠かせない、日本人の心のふるさとです。精米とは、そんなお米を美味しくいただくために、欠かすことができない重要な工程です。多くの日本人は、そのありがたみを日々受け取っていることでしょう。

 

精米とは、米を精白することを意味します。すでに精米機をお持ちの人であれば、その事実はご存知のとおりでしょう。玄米の糠(ぬか)を取り除くことで、美味しい白米が生まれます。ここではまず始めに、精米機が持っている機能を種類別に紹介していきましょう。

 

一回搗タイプ

一回搗(つき)タイプは、砥石状のローラーに玄米をとおすことで精白する方法です。一度の工程で玄米の研磨が終了するため、精米にかかる時間も少なく、優秀です。半面、種類が少なく機械自体の価格が高価な傾向があります。

 

循環タイプ

循環(じゅんかん)タイプは、玄米を何度も精白、循環を繰り返す方法です。比較的弱めの力で、何回も精白をおこなうため、米の欠けや劣化を最小限にとどめることができるでしょう。何回も玄米を循環させるため、所要時間がかかります。

 

撹拌タイプ

撹拌(かくはん)タイプの精米機は、カゴの中で羽根が回転し、玄米同士を擦り合わせ、摩擦で精白する方法です。玄米同士のほか、カゴとの摩擦も活用し玄米を白米にしていきます。米が欠けたり、動作中の音が大きかったりすることは、デメリットといえます。

 

圧力タイプ

圧力タイプは、名前のとおり玄米に圧力をかけて精米する方法です。圧力によってコメ同士を擦り合わせるため、米の劣化が少なく、かつ熱も発生しないことから栄養素の損失も最小限に抑えることができます。比較的機械のサイズが大きいことが特徴です。

 

上記のように、ひとくちに精米機といってもいくつかの種類が存在します。あなた自身がお持ちの精米機の種類はあったでしょうか?それぞれの特徴を知っておくことは、メンテナンスをするうえでも、買い替えをするうえでも、非常に重要です。

 

日本人の心……おいしいお米を食べたいなら新しい精米機がおすすめ!

「美味しいお米は、思わず顔がほころぶ……」。日本人が昔から主食として食べてきたお米。その味になぜか懐かしさを感じたり、つい食べたくなったりしてしまうことは、決して珍しいことではないでしょう。美味しいお米は、日本人の心を喜びで満たしてくれます。

 

そのために使用する業務用の精米機や、家庭用の精米機。精米機を買取してもらうときは、何かしらのキッカケが必要になるかもしれませんね。そのキッカケになるもののひとつが“新しい精米機の機能”でしょう。新しい型の精米機には、さまざまな特徴があります。

 

電気代や精米にかかる時間、機械の大きさや見た目のデザインに至るまで、昔から長く使用している精米機に比べて、新しい精米機のメリットは豊富です。精米機を買取してもらったら、新しい精米機を購入する。それは、より美味しいお米を生み出すことと同義です。

 

精米機は意外と繊細…メンテナンスをして長く使おう

精米機は意外と繊細…メンテナンスをして長く使おう

 

精米機を買取してもらおうと思ったキッカケのひとつには、精米機の不具合もあるのではないでしょうか?大型の精米機は丈夫そうに見えて、実は意外と繊細です。日頃のメンテナンスを怠れば、不具合が発生することも十分に考えられるでしょう。

 

思ったように精白ができていなかったり、割れたお米が精白後に、多く混じっていたりする精米機の不具合は、不具合の上位を占めるものでしょう。もちろん使用している年数による経年劣化もありますが、定期的なメンテナンスは必要となってきます。

 

籾(モミ)の処理ができない精米機もある

精米機のすべてが、同じ機能を持っているわけではありません。型や値段の差異によって、可能な工程は異なります。その代表例が“籾(もみ)の処理”の有無でしょう。稲から玄米を生み出すために欠かすことのできない作業。この機能が付いていない精米機もあるのです。

 

定期的なメンテナンスが必要

籾の処理ができる型であってもなくても、大型であっても小型であっても、定期的な機械のメンテナンスは必要です。周囲の知識のある人に意見を求めたり、不安な場合は農機具を扱う業者に相談を持ち掛けてみたりするのがよいでしょう。

 

精米機を買取してほしい!納得のいく取引先を見つける方法

精米機が業務用のものである場合、売却先となる精米機の買取業者選びはとても重要なポイントです。「少しでも高く買い取ってもらいたい」そう考えるのは、決してあなただけではありません。その気持ちにお応えできるように、業者選びのポイントを紹介します。

 

まず、重要なことのひとつが、信頼できる業者かどうかではないでしょうか?せっかく売却するのであれば、気持ちのよい応答をしてくれ、誠実に対応してくれる業者を選びたいところでしょう。そのためには業者の公式サイトや、口コミサイトを参考にしましょう。

 

また、近隣に住まう人の中で、精米機買取を経験したことがある人がいれば、意見を求めてみるのもよいでしょう。身近の人の意見は、もっとも頼りにできる情報リソースの代表です。どの業者に依頼をしたのか、具体的な流れはどのようなものか、伺いましょう。

 

損をしないためには「相見積り」が大切!

損をしないためには「相見積り」が大切!

 

“相見積り”は、複数の業者に見積りを依頼し、買取内容や金額を比較する方法です。相見積りは、いくつもある買取業者のなかから、もっとも高価に買い取ってくれる業者を導き出すための、必須の方法といえるでしょう。手順も簡単なため、手間も時間もかかりません。

 

今ではインターネット上で、いくつかの情報を入力するだけで、相見積りが可能なサービスがあります。精米機の買取依頼の際は、活用してみるのがよいでしょう。もちろん当コラムが掲載されているこのサイトでも、お試しいただくことが可能です。

 

まとめ

日本人にとって欠かすことができない“ソウルフード”“心のふるさと”であるお米。そのお米を生み出すために、精米機はとても重要な役割を担っています。定期的なメンテナンスをおこない、大切に使い続けていきたいところでしょう。

 

しかし、精米機も機械です。不具合や故障も発生しますし、経年劣化もほかの機械同様に発生します。買い替えの時期が、到来したのかもしれませんね。精米機を買取してもらう業者を選ぶ際は、ぜひ今回のコラムで紹介してきた方法を、試してみてください。

 

今ではとても便利な、インターネット上での情報収集の術(すべ)が溢れています。公式サイトや口コミサイトの参照、相見積りが簡単にできる比較サイトの存在など。近隣に経験のある人がいれば、生の情報を聞いてみてください。よい業者を見つけてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する