最新情報・レポート

使わない農機具は放置していてはもったいない!

使わない農機具…放置していてはもったいない!

 

実家が農家の人なら、必ずといっても過言ではないほどにトラクターやコンバイン、耕うん機などの農機具があるはずです。そして、そういった農機具は大規模な農業をするには必要不可欠です。

ですが、さまざまな理由で農業を辞めなくてはならない結果になってしまった場合、それまで使っていた農機具は一気に引退状態で使う機会がなくなってしまいます。

そういった使わない農機具をどのようにしていますか?

倉庫の中においてもスペースをとるから、廃棄しようかとお考えでしたらちょっと待ってください。廃棄処分には廃棄処理代として、お金がかかってしまいますよ?農業をしている人が必ず使うのですから、一度売りに出してみてはいかがでしょうか。

今回はそんな使わない農機具の処分について、廃棄する以外に買取をするという方法についご紹介させていただきます。

 

 

使わない農機具、どうしていますか?

あらゆる理由で使わなくなる人がたくさんいます

トラクターやコンバインなどの使わない農機具がある状況にも、さまざまなパターンがあると思います。例えばこのような状態で農業機械が家に眠っていませんか?

・普段暮らしている実家で親が元々農業をやっており、その親が引退した後、倉庫に使わない農機具が眠っている

・農業をやっていたのだけれど、うまくいかずに畑を手放してしまい、使わない農機具が余っている

・今まで使っていた農機具が壊れてしまったけれど処分のしかたが分からず、置きっぱなしにしている

このような理由で家の倉庫などで農業機械を眠らせていませんか?倉庫のスペースをスッキリさせるためにも処分してしまいたいですよね。ですが、農業機械が眠っている場合は廃棄処分を考えるのではなくて、まずは買取専門業者に査定してもらうことをお勧めいたします。

 

農機具の買取専門業者に査定をお願いしよう

農機具は国内だけでなく海外でもとても需要があります。そういった農機具の需要と供給の仲介をしているのが買取専門業者になります。そして買取業者に依頼をすると、トラクターやコンバインなどを高価で買い取ってくれる場合もあります。

また、査定に出したいトラクターなどが一部故障している状態であっても、買取専門業者のほうで買い取った後に修理をして市場に出す場合もあります。つまりどのような農機具も対応してくれそうですから、自分の家の倉庫に眠っている農機具はお宝に生まれ変わるかもしれません!

使いわない農機具を廃棄処分するにも費用がかかってしまいます。倉庫に眠っている農機具がありましたらまずは査定に出してみましょう。

 

農機具買取のしくみを理解しよう

農機具買取のしくみを理解しよう

 

使わない農機具の価値は、総合的に判断されます

買取査定に出した農機具の査定ポイントは以下の内容で決まっていきます。

・刈払機や精米機、耕うん機等を購入したときに付属していたオプションの有無(メンテナンス用の部品、交換可能なアタッチメントなど)

・状態のキレイな農機具(査定に出す前に農機具についた土や泥、サビなどの汚れを落としてから査定に出すと高価買取になりやすいです。)

・車検証やメンテナンスを証明できる書類があるか

・バッテリーや少量の燃料を補充してエンジンやライトのかかり具合を見てもらえる状態にしておく

以上の点が査定ポイントになります。状態がキレイでしっかりしてる。そしてオプション器具や安全性を証明できる書類が揃っていれば査定はよくなります。特に査定前の農機具の洗浄や査定しやすいように、燃料などの準備が自分たちでできる準備になります。

長く使って思い出のある農機具です。せっかくなので、よりよい査定を目指して高い査定額で買い取ってもらいましょう。

 

よい業者に出会うためにチェックしてほしいこと

買取査定してくれる業者といっても、実際に調べてみるとたくさんの業者があります。ではその中でどのような業者に査定を依頼すればよいでしょうか?

ここではよい業者選びのポイントをご紹介させていただきます。

 

農機具の取引実績が豊富かどうか

よい買取専門業者はまず実績が豊富です。使わない農機具、買取、業者でネット検索したときにいろいろと出てくると思いますが、口コミの評判や顧客満足度など、そういった実績がある業者は検索にひっかかりやすいです。

そのような業者は多くの人が利用していますので、安心して依頼できる業者といえるでしょう。また業者によっての買取のサービスも違っていきます。無料査定や訪問買取、また査定依頼をしてからの対応の早さなど、業者によってサービスの内容も違いがあります。

実績や信頼の面、そして付属したサービスを見比べでよりよい業者選びをしてみましょう。

 

実績豊富な業者を見つけるカギは相見積り

実際調べてみると、よいイメージの買取業者は1社だけではなく複数みつかる場合が多いです。また使わない農機具の売値相場は、自分自身で把握するのはとても難しいです。そういった売値を知るためにも、複数の業者に査定してもらうことをお勧めします。

同じ農機具でも査定の相見積りをとることで業者によって査定するポイントは違います。また業者の在庫状況によっても査定額は変わっていきます。

せっかく売りに出すのですから少しでも高く買い取ってもらえるように相見積りをしていきましょう。

また複数の業者に査定を依頼する手間を考えている人のために、複数の業者に同時に査定依頼をできる専門サイトもあります。そういった査定専門サイトを使って相見積りを依頼するとスムーズに進行していきます。

 

使わない農機具を高く売るためのコツ

使わない農機具を高く売るためのコツ

 

まず、使わない農機具を買い取る業者がなぜ高価な値段でも買い取ることができるのでしょうか。高価に買い取りができる理由は、買取業者が買い取った後での、中古販売ルートの広さが、販売店より広いからです。

農業は日本だけでなく世界中でおこなわれています。そんな世界中で農機具は稼働し活躍しています。そういった世界から見てみると、日本製の農機具は性能もよく耐久性も高いと評判で東南アジアを中心に人気になっています。

そういった日本製の農機具の人気が高い国では高く販売することができます。この海外との販売やりとりは、ネットオークションなどの個人間の売買ではできないことです。

高価で買取をしてくれて、面倒な手続きも行ってくれる買取業者は、使わない農機具の処分に困っている人にとって救世主といえるでしょう。

ちなみに、日本製で海外に人気なメーカーは国内で生産されている有名メーカーならほど人気です。また、トラクターだけではなく、コンバインや耕うん機でも人気ですし、それ以外の農機具も買い取り対象になっている場合が多いので、まずは問い合わせてみてください。

 

まとめ

農業をするときに必ず必要となる農機具ですが、反対にいえば農業をしなくなったら使い道がなくなってしまうのも農機具です。

処分に困って、家の倉庫に眠らせている状態の人もたくさんいらっしゃるかもしれません。ですが、今回の記事でご紹介したとおり、日本製の農機具は東南アジアを中心に世界で重宝されています。そして農業は世界各地で必ず行われています。

使わない農機具は世界中に需要のある、いわばお宝のようなものです。そんなお宝を眠らせているのかもしれません。実際、20年前の古い形式の農機具も買取業者では取り扱ってくれる場合もあります。

新しい古い関係なく使わない農機具をお金を支払って廃棄処分するくらいなら、まずは農機具の買取専門業者にお問い合わせして査定をお願いしてみてください。きっとよい結果に結びついていきますよ。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する