最新情報・レポート

農機具買い取りでソンしない!1円でも高額買取をしてもらう秘訣

農機具買い取りでソンしない!1円でも高額買取をしてもらう秘訣

 

当コラムを閲覧中の方の中には、「使わないので処分したい」「新しいものを購入するための資金にしたい」とお悩みの方はいませんか?

 

トラクターやコンバインなどの農機具が不要になったら、業者に買い取りをしてもらうことになるかと思いますが、何も知らずに売ってしまうと、損してしまう可能性が上がってしまいます。農機具を少しでも高く売りたい場合は、どのようにすればよいのでしょうか?

 

農機具買い取りを1円でも高くしたいとお考えであれば、ぜひこのページをご一読ください。農機具の価格が決まるポイントから、買い取り額をすぐに簡単にアップできる方法まで、こっそりお教えします。この記事を読むたった数分で、農機具の高価買取のヒントを得られるかもしれません!

 

 

農機具買い取りの値段が決まるポイントは「製造年数」と「農機具の状態」

業者に農機具買い取りをしてもらう際、価格が決まるポイントは「製造年数」と「農機具の状態」の2つです。まずは、なぜこの2つが値段に大きく関わってくるのか知っていきましょう。

 

製造年数が「15年未満」は国内需要が高め、「15年以上」でも海外需要がある

農機具買い取りの価格が決まる最大の焦点は「製造年数」にあります。農機具は外で田畑を耕したり、稲を植えたり、収穫したりなどの農作業をするときに大活躍する機械です。通常の車と異なり、モデルチェンジなどはめったにないため、見た目で価格が変動することは少ないです。

 

ただし、製造年数が古いと、機器自体の耐用年数の関係で故障率が上がってしまったり、馬力が弱かったりします。そのため、一定の目安である「15年」を下回るか、超えるかによって価格が変わってくるのです。国内で販売する場合、15年を下回っている農機具は非常に高い需要があります。多少傷が多かったりしても、もともとの供給量が少ないので、高価買取が期待できます。

 

15年を上回っていた場合、国内需要は少なくなってしまいますが、日本を出て海外に足を延ばせば途端に需要が伸び始めます。「日本製の農機具は丈夫」というイメージとブランド力があるので、稼働するのであれば十分に高額買取の対象となります。

 

農機具の状態が良いほど高額買取の傾向アリ!

農機具の状態が良いほど高額での買い取りをしてもらえる可能性が上がります。農機具は通常の車とは異なり、田畑の中を走る農機具は傷がつきやすいです。そのため、状態の良い農機具買い取りは高額になりやすいのです。

 

反対に、傷が多かったり、うまく稼働しない・エンジンがかからない農機具は買い取りできないのかというと、そうでもありません。とうぜん、美品の農機具に比べて買取金額は劣ってしまいますが、完全に動作が停止してしまっている機具でも、「パーツ取り」としての価値は十分にあります。機具の素材をリサイクルして再利用することもできますので、価値がゼロにはなりません。

 

とはいえ、機材の状態によっては受け付けできない買い取り業者もあります。一度問い合わせてみる方がよいでしょう。

 

農機具買い取り額アップ!すぐできる「3つの方法」とは?

農機具買い取り額アップ!すぐできる「3つの方法」とは?

 

実際に農機具を売る際、簡単に価格をアップさせるコツがあるのはご存じでしょうか?できれば3日以内に買い取り依頼を出したいなど、近々に査定を行いたいときにできる金額アップ術をご紹介します。ぜひ実践してみましょう。

 

少しでもきれいになるように清掃する

買い取りしてもらうとき、本体を清掃せずとも買い取りをしてもらうことは可能です。しかし、直接査定人が赴いて農機具を見せたときの印象が異なります。自分でできる範囲できれいにすることで、査定金額がプラスされる可能性がアップします。今まで使用した農機具への感謝の意味も込めて、丁寧に清掃してみてはいかがでしょうか?

 

備品はすべて揃えておく

農機具に付属するパーツなどの備品は付属させた方が付加価値が付きやすく、高額買取をしてもらいやすくなります。備品が必要な場合は取って売らないのもひとつの手段ではありますが、もし不要であれば、一緒に買取査定してもらうとよいでしょう。

 

業者次第で価格が大きく変動!

農機具買い取りをしてもらう際、買取業者に依頼することになります。じつはこの買取業者の選び方で、買取金額が万単位で変化することも少なくありません。

 

優良な買取業者に大事な農機具を託すためにもっとも重要なことは「相見積り」をすることです。ただやみくもに調べても、農機具は種類が豊富なので比較が難しいからです。同条件でどれぐらいの金額になるのか、複数の業者に尋ね、納得のいく見積書を掲示した買い取り業者に依頼することがおすすめです。

 

また、このほかにも、優良な買取業者に出会うために気にしておきたいポイントは、以下の4つあります。

 

  • ●口コミやインターネットサイトなどを閲覧し、評判を確かめる
  • ●即日・現金買取の対応が可能
  • ●査定の経験・実績が豊富で、適正金額の掲示をしてもらえる
  • ●全国対応が可能
  •  

    高額査定をしてもらうために、普段から気をつけたいこと

    高額な買い取りをしてもらえるかどうかは普段の使用方法も大きく影響を与えます。農機具なので、どうしても細かい傷はついてしまいやすいですが、付着した泥を早めに落としたりするだけで劣化具合が変わってきます。また、雨風にさらされやすい外に置くよりも、倉庫などに入れて定期的にお手入れをするとだいぶ劣化具合を緩めることができます。

     

    農機具を取り扱う際は、「農機具を丁寧に扱う」こと、「使用した後はメンテナンスをしっかりおこなう」ようにすると、のちのちの買取金額に大きな差をつけることとなるので、留意しておくとよいでしょう。

     

    意外と簡単?買い取りにいたるまでのおもな流れ

    意外と簡単?買い取りにいたるまでのおもな流れ

     

    農機具買い取りをしてもらうときの手順は以下の通りです。

  • 1、 買取査定の依頼をする業者を選ぶ
  • 2、 査定の依頼をする
  • 3、 納得のいく金額と内容なら、契約と手続きを行う
  • たったこれだけです。

     

    買い取りの査定する業者の選び方は上記の「農機具買い取り額アップ!すぐできる「3つの方法」とは?」の3つ目に記載させていただきましたが、買取業者を選ぶのが面倒だったり、複数の業者と連絡を取り続けるのは難しいと感じる方多くいらっしゃることでしょう。その場合は、弊社の一括査定をご利用すると、簡単かつ便利です。

     

    査定方法は、電話やインターネットでも気軽におこなえます。実際に買取業者に見てもらうときと金額の変動はありますが、およその金額であれば、気軽に利用できるインターネットでの査定がおすすめです。

     

    査定をしたときの金額に納得がいかなかった場合、「買取してもらわない」選択肢も選ぶことができます。そのため、気軽に問い合わせてみるのも良いでしょう。

     

    まとめ

    農機具買い取りをしてもらう場合、「少しでも高く買い取ってもらいたい」と誰しもが思うことです。日ごろから取り扱いに気を配り、使った後にお手入れをすることで大事な農機具のコンディションを維持しやすくなります。
    これから使い続ける場合も、売る場合でも良いことが多いので、ぜひ心掛けてみましょう。

     

    いざ買取してもらう場合は、無理のない範囲で清掃をして、付属品の有無もチェックするとよいです。農機具は、高いものだと数千万にものぼる、「マイホーム並みの財産」です。優良な業者に出会うためには、妥協をせず、納得できる見積り内容になるまで総見積りを行いましょう。

     

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

    まずは30秒で見る

    今スグ無料査定する