最新情報・レポート

スマート農業って…?農機具買い替えの際にお得な方法とは?

スマート農業って…?農機具買い替えの際にお得な方法とは?

スマート農業って何をお思いの方は多いと思います。スマート農業とは国が提案しているものです。これからますます少子高齢化社会になる日本において、農業を行う人が少なくなります。そうなると、農業が衰退し食べ物を生産できなくなってしまうのです。

そこで、提案されているのがスマート農業です。今回は、スマート農業についてどんなものなのかをご紹介するとともに、それに伴い農機具の買い替えを検討中の方にお得な方法もご紹介します。

スマート農業とはどういうもの?

まずはスマート農業とはどんなものなのかをご紹介します。メリットとデメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

スマート農業とは…

これから少子高齢化社会が進むため、農業をする人が少なくなり、農業が衰退してしまう可能性があります。その対策として、新規の農業参入者を応援する自治体なども多くありますが、まだまだ追いついていません。そして、どんどん農業を行っている人が高齢になるため、作業を軽労化するということも課題となっています。

その解決策の1つとして、「スマート農業」と呼ばれるロボット技術や人工衛星などを用いた技術など最先端の技術を活用し、さらに人材不足を解消・高品質で生産性のある農業を行うことが提案され、動きだしたのです。実際に各農機具メーカーが自動運転の農機具を開発し、販売も始まっています。そのため、スマート農業とは、遠い未来のことでなく、既に動き出している国を挙げての動きといえるでしょう。

つまり、ロボット技術や人工衛星を用いた自動運転技術がある農機具などを使用して農業を行うことを「スマート農業」というのです。

スマート農業のメリット・デメリット

スマート農業になるメリットとして、人が少なくても作業ができるということです。最先端技術を搭載し、自動運転可能の農機具があれば少人数で作業が可能となり、人材不足を補うことができます。また、高齢化した農家の方にとって、作業が楽になることでしょう。作業が楽になり、誰でも効率的に農機具を使用できるということは、農業になれていない人でも農業に参入しやすくなるということです。

農機具を運転するのが苦手という方にとって、自動運転はとてもありがたい機能といえるでしょう。一方で、デメリットもあります。自動運転にはまだまだ危険な面があり、ドローンなどの機器には故障や誤作動などがつきものということです。自動運転搭載の自動車が増えてきていいますが、完全に安心して利用できるかというと疑問が残ります。

最先端技術を取り入れるのはよいことですが、それによって注意することもあることを理解しておく必要があります。そして、もし事故などが起こったときに、誰が責任を取るのかという点がまだ曖昧です。どこに責任があるのかなども確認しておく必要があるでしょう。このように、スマート農業にあたってメリットとデメリットがあります。しっかり、それらを理解した上でスマート農業化に伴い、自動運転の農機具などを使用することが求められます。

どのように農業が変わるの?

 

では、スマート農業化に伴い、どのように農業が変わるのかをご紹介します。

 

事例① 自動運転搭載のトラクターで作業可能に!

今までは、トラクターには1台につき1人が乗って作業をしていました。しかし、自動運転可能のトラクターであれば、リモコンにて遠く離れた場所からでも作業可能です。人工衛星からのGPSを使用するので、さらに高精度な作業ができます。そのため、農業にまだ慣れていない人でも安心して作業ができるでしょう。

また、トラクターを複数台使用する場合は、1台を無人にし、もう1台を人が運転するということも可能です。通常では、トラクター2台につき2人の作業員が必要ですが、1人の作業員でトラクター2台を動かせるので少ない人数でも作業可能となり、効率的です。そして、田植えを行う場合は、トラクターを自動運転させておいて、人がその後ろで田植えを行うことが可能です。

 

事例② ドローンにて殺虫剤を散布することが可能!

ドローンを散布箇所の上空を飛ばすことで、時間がかかる殺虫剤を低コストで散布できるでしょう。人が殺虫剤をまくとなると、時間かかかり、手間がかかる作業です。しかし、ドローンを用いれば、短時間で広範囲に散布することができます。また、今までは、小型機をわざわざ飛ばして散布していたところは、ドローンを用いれば費用も抑えることが可能です。

 

事例③ 自動運転可能なコンバインで効率的に稲刈りができる!

自動運転可能なコンバインがあれば、運転しなくても稲刈りしてくれます。自動運転させておきながら、稲刈りされたコメをトラックに積む作業を同時にできるので効率的になるでしょう。

 

事例④ 自動運転の田植え機で、自動の苗補給も可能!

田の広さを自動計算して、効率的に作業を行います。苗がなくなったら、自動で補給ポイントへ移動するので、作業員はそこで待機していればいいのです。人が運転すると、どうしても真っ直ぐには植えることができません。しかし、自動運転であれば、真っ直ぐに植えることが可能です。ムダなスペースを残さないので、最大限範囲に苗を植えることが可能でしょう。

このように、スマート農業になることで、農業経験が少ない方でも高い技術を持って素早く農作業ができるでしょう。そうなれば、農業に新規参入しやすくなり、農業が活発になることでしょう。

スマート農業に向けて進化する農機具

スマート農業に向けて進化する農機具

スマート農業に向けて進化する農機具を紹介します。

進化する農機具とは?

〔トラクター〕

トラクターとは、農地を耕すものです。このトラクターが自動運転可能になることで、広大な広さを耕す場合でも少人数で対応できます。

 

〔田植え機〕

苗がなくなったら補給して、また運転して田植えをするといった手間がなくなります。自動で苗補給ポイントにくるので、補充が楽になるのです。しかも、自動運転なので1人で作業をすることもできます。

 

〔コンバイン〕

稲刈りをする機械です。自動運転になることで、コメでいっぱいになった袋をトラックに積む作業をしながら、稲刈りが可能です。作業が少なくなるので便利となります。

スマート農業の取り組みによって農機具を買い替えるなら…

スマート農業の取り組みによって農機具を買い替えるなら…

スマート農業化に伴い、農機具を買い替えるときにお得な方法をご紹介します。

処分にも費用がかかるって本当?

スマート農業化に伴って農機具を購入した場合、今の農機具を処分することになります。そのとき、廃棄には費用がかかり、数万もかかることもあります。廃棄するのに、数万も支払わないといけないなんて勿体ない気がする方もいるかもしれません。

専門の業者に買い取ってもらおう!

処分に数万も支払うのが勿体ないと思われる方は、ぜひ農機具の買い取り業者に依頼しましょう。専門の業者であれば、農機具を海外に輸出するルートなどを持っており、買い取ってもらえるかもしれません。もし、買い取ってもらえなくても無料にて引き取ってくれる業者もあるので依頼してみましょう。

業者の選び方をしては、その業者のホームページなどで買い取り実績などを確認してみましょう。農機具といっても、得意な農機具とそうでないものがあります。買い取り実績があれば、輸出するルートを持っているということですので、買い取ってくれるでしょう。

まとめ

ここまで、スマート農業についてご紹介してきました。少子高齢化社会により、農業人口も少なくなり、高齢化になってきているのは事実です。そのため、人材不足解消が作業の軽減などが求められています。そこで、最先端技術を持いて自動運転ができる農機具などが開発され、それらを用いるスマート農業は国を挙げて進めているプロジェクトです。

これから、スマート農業化に伴い、農機具を買い替えられる方は、処分ではなく買い取りをおすすめします。いままで使用してきた思い出ある農機具がお金に変わるかもしれません。一度業者に見てもらうことをおすすめします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

CM

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-214

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

農機具買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

30秒で完了 無料 クイック査定