最新情報・レポート

トラクターのメーカーについて

農業用トラクターには様々なメーカーがありますが、日本国内で特に多く用いられているのはクボタ、井関農機(イセキ)、ヤンマーのものではないでしょうか。
クボタは元々鋳物の製造販売を行っていた会社として誕生、創業から既に120年を超える日本の老舗企業と言っても過言ではありません。農業機械に本格的に進出したのは1922年頃の事で、依頼信頼性の高い農業機械の開発・販売元として日本のみならず、世界でも人気の高いメーカーです。

井関農機は1926年に愛媛県で創業。創業以来、農機具について生産販売を行ってきたメーカーです。現在のような生産体制を確立したのは1967年で、田植機、コンバイン、バインダも併せて生産を行うことで、稲作機械化に貢献してきました。

ヤンマーは1912年創業。創業時にはガス発動機の修理、販売が主な会社でした。今も社名となっている「ヤンマー」が商標として登録されたのは1921年の事で、農業機械としては同年に販売された石油発動機を動力とするヤンマー動力籾摺り機が初です。

いずれの企業も、日本の農業機械化に様々な影響を与えてきた企業として、現在でも人気が高いものです。
トラクターの品質もピカ一。世界中で愛されているこれらのメーカーのトラクターの買い取りなら、ぜひとも農機具買取査定君で様々なメーカーを比較された上でご依頼されることをお勧めします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する