岐阜県対応の弊社加盟店のご紹介

農機具王 岐阜店
農機具が不要になった時に考えるのが、どこが高く買い取ってくれるかではないでしょうか。農機具王 岐阜店は、古い農機具・農耕機の買い替え、下取りを実施しています。大切に長年使ってきた農機具から動かなくなった農機具までお客様のことを考えて買い取り査定を行ってくれるでしょう。機械を引き取りさせて頂いた倉庫は綺麗に掃除をしてから帰るそうです。買い取り実績には、トラクターやコンバインはもちろん、除雪機やユンボまでありますので、この農機具は値段が付くだろうかと不安な方も、信頼できる業者にまずは査定を依頼してみましょう。農業に従事される方は比較的高齢の方の多いので、今までの使いなれた農機具でも良いですが買い取りに出し、新しく使いやすい農機具に買い替えるのも、体に負担をかけないで生産量を確保するためには有効な手段ではないでしょうか。

岐阜県の年間農業生産額と長年使用した農機の活用方法

岐阜県では平成26年の1年間に1,099億円の農業産出額を計上しています。これは全国の都道府県でも27位に相当する数字です。県内では野菜栽培が盛んに行われており、ホウレンソウが全国6位でトマトは8位の出荷量を誇ります。同4位にランクする柿も特産品の1つです。鶏卵や肉用牛、豚の出荷量が多い点が示すように、岐阜県では酪農も盛んな県なのです。このように野菜や酪農も含めて岐阜県では多彩な農業を展開してきましたが、農業産出額で最も大きな割合を占めているのは、私達日本人が主食としているお米です。稲作では昭和40年代以降急速に機械化が進み、生産性が大きく向上しました。岐阜県でも農業機械の導入には早くから積極的に取り組んでいます。中には何十年にもわたって現役で活躍している機械もありますが、多くの農機具は古くなったり故障したりして買い替えなければならなくなるものです。岐阜県内の農家でも、そうやって使われなくなった農業機械は倉庫で相当数眠っているものと推定されます。それらを有効活用するためにも、農機具を専門に扱っている買取業者の存在が注目されてきます。多くの業者は海外の中古農機市場に独自のパイプを持っており、日本製農機の高い人気を背景に実績を積み重ねてきました。日本の大手農機メーカー製品は、年式や型式によっては高額で取引される例も少なくありません。取り扱い品目はトラクターが一番人気で、他にも耕運機やコンバインなど稲作に使われる農業車両が中心です。野菜栽培や酪農に使われる特殊な農機具も、業者によっては高価買取に応じてくれる可能性があります。中古農機として使用できないケースでも、パーツが再利用できれば査定額は0円ではありません。古い農機具には資源としての価値があるのです。買取金額にはある程度の相場はありますが、業者間で差が出るのは普通です。少しでも高く売るためにも、複数業者の査定額を比較するのが高額買取への近道となります。当サイト「農機具買取査定君」は簡単な入力で最大5社への一括査定が行えるため、有効にご利用ください。

農機具買取査定君の岐阜県地域における対応エリアについて

  • 岐阜市
  • 大垣市
  • 高山市
  • 多治見市
  • 関市
  • 中津川市
  • 美濃市
  • 瑞浪市
  • 羽島市
  • 恵那市
  • 美濃加茂市
  • 土岐市
  • 各務原市
  • 可児市
  • 山県市
  • 瑞穂市
  • 飛騨市
  • 本巣市
  • 郡上市
  • 下呂市
  • 海津市
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

まずは30秒で見る

今スグ無料査定する