沖縄県対応の弊社加盟店のご紹介

琉球エコ 買取りセンター
沖縄県で有名な植物の1つに「サトウキビ」がありますね。沖縄県で農業をやっている皆さんが主に栽培している物だと思います。しかし、そんなサトウキビを手作業で一本一本回収していくのはとても手のかかる作業であるため、サトウキビを回収する専用の「サトウキビハーベスタ」という農機具があります。どの農家もこの農機具を持っているとは限りませんが、農業を続けていける年齢ではなくなったためにサトウキビ栽培をやめる、等の理由でどうしても手放さなければならないときがやってきます。そんな農家の人達の為に沖縄県には「琉球エコ 買取りセンター」が農機具の買取業者として活躍しています。農家の人達が納得するように今までにいくつもの農機具を丁寧に査定し、買い取ってきた実績があるので、信頼のある買取業者であることは間違いないでしょう。

沖縄県の年間農業生産額と長年使用した農機の活用方法

沖縄県の年間農業産出額は901億円で、ここ30年ほどは横這い状態が続いています。沖縄県の農業は、独特の気候や地形を抜きには語れません。まず亜熱帯気候のため、本土では不可能な作物を生産できるメリットがあります。その反面、台風の被害を受けやすいというデメリットもあります。地形は非常に広い範囲に離島が分布しており、大消費地に遠いことから、流通面での問題があります。こうした条件に合う作物として、沖縄県で最も広く栽培されているのはサトウキビとなっており、農地全体の半分以上を占め、全農家の7割がサトウキビ栽培を行なっています。サトウキビは生産に極めて多くの労働力を要する作物ですが、農機具を使用することで、この20年間に労働時間が35%減ったとされています。機械化率は2001年度で3割を超えており、地域によっては100%に達しているところもあります。サトウキビ農家も高齢化が進んでいるため、今後はさらに農機具の導入が進むと予測されます。またサトウキビの生産量全体は減少傾向にありますが、農地の集約化による大規模栽培が増えています。こうした農場では、従来よりも大規模な農機具が必要とされます。そこで困ることのひとつとして、古くなったり使わなくなったりした農機具の処分が挙げられます。新しい機械の導入費用の足しとして、古い機械は買取に出すことも考慮すべきでしょう。沖縄県ではこのほか、パイナップルやマンゴーなどの果物、ゴーヤーや牛・豚などの生産も盛んです。反対に、米の出荷額は全体の1%にも達しません。そのため主流となる農機具も本土のものとは異なり、中古の相場も違ってくる可能性があるのです。農業者の高齢化が進む一方で、沖縄県に移住し新規就農を目指そうという若い年代も多く見られています。中古農機を買取に出すことは、そうした若者をサポートすることにも繋がります。使用していた農機具を高額買取によって、今後の生活の支えとしていくためにも、是非当サイト「農機具買取査定君」をご利用ください。

農機具買取査定君の沖縄県地域における対応エリアについて

  • 那覇市
  • 宜野湾市
  • 石垣市
  • 浦添市
  • 名護市
  • 糸満市
  • 沖縄市
  • 豊見城市
  • うるま市
  • 宮古島市
  • 南城市
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

CM

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-214

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

農機具買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

30秒で完了 無料 クイック査定