最新情報・レポート

田植えの季節を前にして

まだまだ寒い日が続いていますが、あと1ヶ月もすれば、九州地方の早いところでは田植えが始まるのが通例です。
それからは5月初頭くらいまで、全国で田植えが続けられますが、今年はもう田植えはしない、つまり農家としては廃業なさる、という場合には、田植え機などの農機についてはどうされるご予定でしょうか?
農機の場合、お近くの農家などでご利用になられるということで、個人的に売買したり、あるいは後継者の方に譲り渡すという選択肢がありますが、それらが期待できない場合、いつまでも倉庫の中に眠ってしまうことにもなりかねません。
そのままでも問題ないと思われるかもしれませんが、トラクターなどは軽自動車税を収めなければならない場合もありますので、いつまでも置いておくと、税金ばかり払う羽目になるので、処分の方法を検討されてはいかがでしょうか。
その際、ただ単にスクラップとして引き取ってもらうだけでは勿体無いので、一度当サイトからトラクターをはじめとして、稲作用機械の一括査定をご利用されてはいかがでしょうか。
条件を比較し、一番高く買い取ってくれるところに依頼をすることもできるかもしれません。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

CM

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-214

24時間365日 日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

農機具買取査定君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

最大5社から査定結果が届きます 無料一括査定はこちら

30秒で完了 無料 クイック査定